スポンサーリンク
こちらもオススメ!



スポンサーリンク

ワクワクするような競馬グッズが勢揃いです。
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


中京競馬場の謎?高速すぎる時計!レコード続出の謎に迫る!高松宮記念もレコード!


こんにちは。さときっちんです。

今回はレコード決着が多かった先週に中京競馬場の投稿です。

12R中3Rがレコードなんて滅多にないですよ。

高松宮記念もビッグアーサーがレコード勝ちしましたよね。

なぜ先週の中京競馬場はこんなにもレコード決着が多かったのか

面白そうな記事を見つけましたのでご紹介致します。

高松宮記念2016年

2016年高松宮記念(勝ち馬:ビッグアーサー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて2週間前に行われた中京競馬場のレースはAコースでした。

それが今週になりBコースに変更になりました。

すると時計の掛かっていたAコースから一遍、レコード決着多発の

高速馬場に変わってしまったのです。

これに調教師や予想各紙のトラックマンは不満続出しています。

ま、時計の掛かる馬場と思い調教したり、予想したりしているので

当然と言えば当然ですね。

こんな声が上がっています。

「絶対馬場をいじってる」

「ローラーを入れたに違いない」

(※ローラーとはローラー車で馬場を固くすることです。

一般には堅い馬場ほど時計が早くなると言われています。)

「馬場をいじるならGⅠ週ではなく、その前週にするべき」

JRAの言い分は?

JRA関係者の言い分は以下になります。

「今は開催中にローラーをかけることは基本的にしていないし、

するとしてもホームページなどで発表します。

今回も発表した手入れ程度しかしていません」

スポンサーリンク

では高速馬場になった原因は?

それは「水分」が関係しているようです。

中京開催の時は雨になる事が多く、当然水分も多いのですが

水分が多くなると地面が柔らかくなり、時計がかかる馬場になります。

ところが先週は雨が降らず乾燥した堅い馬場になってしまい、

そのままGⅠ週を迎えたのが原因では?と考えられています。

またA→Bコースに変わったことでコーナーが緩くなり

よりスピードを保ったままコーナリングできるようになったのも

原因の1つと考えられています。

Aコースは本柵を使用し、Bコースは本柵から3m外側に仮柵を

設置して競馬を行っています。

外に膨れた分、コーナーの角度が緩やかになりますよね。

先ほどのJRA関係者の話では

「だいぶ回りやすくなったはずです。時計が早くなった原因の

1つと考えています」と言っています。

さらに2週前は3連休の影響で月曜日に中京開催が行われていました。

通常競馬場というのは月曜日に芝を刈って調整しているのですが、

先週は月曜開催だったため、火曜に芝の手入れを行いました。

そのためいつもより芝が短く、高速馬場になったのかもしれません。