スポンサーリンク
1 : 2020/06/06(土)18:12:58 ID:xPtl0Ilq0
なんなのか
"
スポンサーリンク
2 : 2020/06/06(土)18:13:51 ID:1PZZZkLy0
なんやろな

 

3 : 2020/06/06(土)18:14:32 ID:79P3Fa2L0
目いっぱい走った牝馬の子供はだいたい走らない

 

12 : 2020/06/06(土)18:25:54 ID:u16K2nUQ0
>>3
これくらいしか思いつかない

 

4 : 2020/06/06(土)18:16:07 ID:35XxoI8P0
現役時代の消耗度はよく言われるよな
競争馬として燃えつきるまで走った馬の繁殖成績はよくない

 

68 : 2020/06/06(土)21:25:42 ID:rMbSOE3p0
>>4
都市伝説レベルだなw

 

5 : 2020/06/06(土)18:16:18 ID:5Dnn3t3Y0
福永が小馬鹿にする感じで取材に答えてたね

 

6 : 2020/06/06(土)18:16:54 ID:oO6/ggTw0
シーザリオでもキンカメ牝馬はハズレしかいないだろ

 

42 : 2020/06/06(土)19:59:53 ID:aZ6hyjU70
>>6
くやしいのぉw

 

8 : 2020/06/06(土)18:19:48 ID:rp6/GxKa0
ブエナ、アパパネ、ウォッカ、ダスカこいつらの繁殖成績がこんなにポンコツになるとは予想出来なかったわ

 

10 : 2020/06/06(土)18:22:12 ID:oO6/ggTw0
>>8
アパパネがポンコツとか冗談だろ

 

25 : 2020/06/06(土)18:49:55 ID:rp6/GxKa0
>>10
ポンコツでしょ

 

28 : 2020/06/06(土)19:03:29 ID:zRpWpnwr0
>>25
産駒3頭中2頭がオープン馬ってポンコツではないだろ

 

55 : 2020/06/06(土)20:35:23 ID:lmblD2Ht0
>>28
だよな
感覚がおかしいとしか言いようがない

 

9 : 2020/06/06(土)18:20:43 ID:/5Ogdl6P0
ブエナビスタはマイルで明らかに追走に苦しんでたし、ステイヤー色が強い馬だったから繁殖としてはそれがマイナスになってる

 

11 : 2020/06/06(土)18:24:19 ID:G4/ezqxK0
競走成績良くて繁殖としても成功してる牝馬なんてシーザリオくらいしかいないだろ

 

32 : 2020/06/06(土)19:15:45 ID:Kp4VOxUM0
>>11
フサイチパンドラがいる

 

34 : 2020/06/06(土)19:17:21 ID:Z3/8M8SV0
>>32
アーモンドアイだけやん

 

13 : 2020/06/06(土)18:29:03 ID:C4sjjoVF0
エアグルーヴは別格。

 

15 : 2020/06/06(土)18:32:44 ID:We3I2T8l0
エアグルーヴ系はいまなお現代高速馬場に対応しているというのに
ビワハイジ系は完全に終焉だな

 

16 : 2020/06/06(土)18:32:47 ID:JJcvDOej0
シーザリオが凄いのであって
スペシャルウィークで括るのがおかしい

 

46 : 2020/06/06(土)20:04:50 ID:kzDT9bcR0
>>16
母父スペは他にもGI馬が出てるだろマヌケ

 

17 : 2020/06/06(土)18:32:50 ID:35XxoI8P0
種牡馬も目一杯走った馬ほど成績よくない傾向がある

なあステイゴールドよ

 

71 : 2020/06/06(土)21:40:55 ID:MHIQ+l+f0
>>17
あいつ目一杯走ってなかっただろ
目一杯走ってたらあの馬体で50戦も走れない

 

18 : 2020/06/06(土)18:33:59 ID:tkf6elJo0
ジェンティルも繁殖ではダメそうだよな

 

19 : 2020/06/06(土)18:37:17 ID:7R7KNDru0
アメリカ行った時に…

 

20 : 2020/06/06(土)18:41:35 ID:SfFurLJ/0
その理論だとシンハライトとかめっちゃ成功しそうだな

 

スポンサーリンク

21 : 2020/06/06(土)18:44:01 ID:pNgjHCnE0
馬の能力も影響してるだろ
サンデー全盛の1997~2006辺りが日本競馬の最盛期なわけで
牡馬含め世代№2だったザリオの能力が低レベル時代のブエナウオダスより上だった

 

22 : 2020/06/06(土)18:46:14 ID:PWRZ7Cn30
混合G1勝つ程の馬が何故かダメ
ウオッカ、ダスカ、ブエナ、ジェンティル
この辺が全てダメなのは結構痛い

 

51 : 2020/06/06(土)20:28:44 ID:QvckEahI0
>>22
この流れでいくとアーモンドアイやリスグラシューも繁殖だとアウトになってしまうのかな

 

94 : 2020/06/07(日)05:16:11 ID:dI9aV06H0
>>51
出走回数的にはアーモンドはセーフかも

 

24 : 2020/06/06(土)18:48:42 ID:NAg122hy0
繁殖牝馬に関しては自身の競走能力と 繁殖能力は全く関係ない
重要なのはあくまでも血統だけ

 

26 : 2020/06/06(土)18:50:35 ID:3l2tiRE4O
GIは2勝までがいいな

 

30 : 2020/06/06(土)19:10:42 ID:XQW1GFE80
ブエナにエピファつけられる?

 

40 : 2020/06/06(土)19:57:48 ID:acOResAp0
>>30
スペシャルウィークの2x3になるから無料

 

31 : 2020/06/06(土)19:12:30 ID:FkS3NHlw0
サドラーの有無

 

35 : 2020/06/06(土)19:19:01 ID:oMlI4V7b0
グルとザリオが例外すぎる

 

36 : 2020/06/06(土)19:29:20 ID:wWRKGywz0
シーザリオVSディープは見たかったな

 

37 : 2020/06/06(土)19:31:20 ID:YbcHztje0
フサイチパンドラなんてアーモンドアイ除いたら繁殖成績ブエナ以下だしな

 

39 : 2020/06/06(土)19:37:14 ID:hOUO6TuV0
ブエナのデビュー出来なかったキンカメ産駒は良かったらしいから勿体ねえな

 

43 : 2020/06/06(土)20:00:29 ID:+UaM57xE0
トニービンはベガもすごい、牝馬1頭しか生まなかったのが惜しすぎるが、そっからハープスター輩出してるしな

 

44 : 2020/06/06(土)20:03:25 ID:sY31J1K40
まあ血統上の相性というのもかなり影響してるような気がする
ダメな場合全然別系統の名馬をつけていけば何かチャンスはあるかも

 

48 : 2020/06/06(土)20:23:28 ID:+UaM57xE0
シーザリオは孫も重賞勝ったから、エアグル系並みに発展しそうだ

 

52 : 2020/06/06(土)20:30:10 ID:A9I+nYe80
やっぱ5歳いっぱい走ると良くないな
クラブの規定変えてG1牝馬は4歳までとかにしないと

 

54 : 2020/06/06(土)20:32:58 ID:7f+xnwkE0
だからエピファネイアかリオンディーズかサートゥルか誰かは母父として成功するはず

 

107 : 2020/06/07(日)13:31:02 ID:0G2ZFJLf0
>>54
母父として成功するにはまず父としてある程度成功しないといけないのが厳しいな
一時ステゴ×マックがアホみたいに走ったけどそれに気付いたころにはマック牝馬がほとんど残っていなかったという

 

57 : 2020/06/06(土)20:50:57 ID:sy+uNMhB0
ホルモン剤で強くなった牝馬が繁殖として成功しないのは純粋に能力が無いからだと思う

 

58 : 2020/06/06(土)20:53:49 ID:NAg122hy0
>>57
だから繁殖牝馬の場合競走能力と繁殖能力は全く関係ないんだってば

繁殖牝馬として成功するか否かのすべては血統配合がどんな配合かってことだけだから

 

63 : 2020/06/06(土)21:12:14 ID:pNgjHCnE0
>>58
さすがにそれは無い
競争能力も遺伝するし繁殖成績に関係してくる場合は多々ある

おまえ頭悪そうだな

 

スポンサーリンク
59 : 2020/06/06(土)20:55:37 ID:sy+uNMhB0
シーザリオの頃はまだホルモン剤が広まってなかったんじゃないかと推測できる

 

76 : 2020/06/06(土)22:49:15 ID:+UaM57xE0
すげー理論が登場してきたな、全ての全兄弟姉妹は、一卵性双生児と一緒ってことか、すげーな

 

80 : 2020/06/06(土)23:17:20 ID:C7nasnrw0
理論とすら言えん眉唾もののお話だな

 

88 : 2020/06/07(日)02:23:30 ID:ldKOsiMR0
そもそも競争能力もシーザリオの方が上だもん

 

89 : 2020/06/07(日)02:30:16 ID:Q3Fhkt7H0
>>88
単純にこれだろうな

 

93 : 2020/06/07(日)05:00:48 ID:W1NMuB6O0
いっくんで勝てるか勝てないかの差だな

 

95 : 2020/06/07(日)05:23:52 ID:RpesdTIY0
繁殖能力と競走能力は必ずしも直結しないけど
牝馬は明らかにその牝馬のせいになるからな
種牡馬は糞ほどつけて母の影響デカいからあれだけど

 

96 : 2020/06/07(日)06:16:05 ID:pf5i3ado0
薬で作ってるからだろ

 

98 : 2020/06/07(日)08:48:24 ID:vQkxsmd90
バカが偉そうにわめいてるが、人間にしろ馬にしろ同じ種なら99.9%遺伝子は同じ
人間とチンパンジーでも96%ぐらいは同じ、猫ですら90%は同じ

膨大な遺伝子の数の中で、競走馬の競走能力を決定する遺伝子なんて、極々わずか
そのわずかな差が重要なんだろうが

 

110 : 2020/06/07(日)16:36:06 ID:TwUgDInX0
>>98
それもよくとんでもインターネットサイトに書いてある内容で無知ニワカ受け売りすぎてワロタw

既に俺が上で解説してあるように、広義の意味での遺伝子であれば同じ種なら基本的に100%同じのは当たり前のことw
それはバカでもわかる話wお前みたいな馬鹿でもw
俺が解説してるのはもう1ランクレベル上の狭義での遺伝子の話w
つまりは遺伝子多型の話w
この多型で見た場合、同じ種であっても一致率は大幅に下がるんだよ、無知野郎がw

お前が丸写ししたその知識は小学生でもバカでもわかることなんだ罠w
本当に恥晒しな奴だなww

 

113 : 2020/06/07(日)19:01:00 ID:vQkxsmd90
>>110
そもそも、このスレの趣旨に沿ってないお前が一番頭が悪い
シーザリオとブエナビスタの繁殖能力の差という趣旨に対して何の意味もなしてない

ミオスタチンの話をお前が出してるけど、その一塩基配列の組み合わせによって距離適性が変わってくるって話だろ
それが遺伝子の何%を占めるか?0の何乗分の1の世界だろ

知識があるかどうか知らんが、匿名掲示板で他人を罵倒するばかり、人間性がしれるわ

 

99 : 2020/06/07(日)09:25:50 ID:+MNe5WZ80
キンカメのミスプロ+ノーザンダンサー+バックパサー≒フレーミングページにスペのマルゼンスキーは効く

ただ、父キンカメ×母父スペだと効きすぎで
デアダクみたいな父母父スペ×母父キンカメぐらいがちょうどいいのだろう
そしてブエナの場合はニジンスキー4×3を持っているため
効きすぎ問題がサドラーのザリオより深刻だと思われる

 

104 : 2020/06/07(日)11:56:18 ID:SRAnRy2l0
ブエナは馬体が見栄えするタイプじゃなかった
ウオッカとダスカはガチムチ

 

引用元: シーザリオとブエナビスタの繁殖能力の差(母父スペ)

スポンサーリンク
協力サイト
人気TOP30

【競馬】パカパカ情報局

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク