スポンサーリンク

16年ぶりのJRA所属ジョッキーとして大人気の

藤田菜七子ジョッキーが、早くも芸能事務所に所属して

話題になっています。

しかし競馬ファンの間では「まだ早すぎる!」との声が上がっており

あまりいい評判ではないようです。

藤田菜七子160330

藤田菜七子ジョッキー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤田菜七子ジョッキーのホリプロ所属の一方に競馬ファンは

「いくらなんでも早すぎる」

「一気に冷めた・・・」

「初勝利を喜んだのに裏切られた気分」

「結局、チヤホヤされたいだけじゃない?」

と歓迎する声は少ないようです。

確かにデビューしてまだ1か月も経っていませんし、

浦和競馬では勝利しましたが、肝心のJRAではまだ未勝利ですね。

私もこの先どれだけ活躍するのか?はたまた活躍できないかもしれないのに

芸能事務所に所属するのはまだ早いと思います。

今は経験を積んでジョッキーとしての腕を磨いてほしいところです。

浦和競馬場での初勝利から一遍・・・

3月24日の浦和競馬で初勝利、さらには2連勝しファンを沸かせました。

この勢いでJRAでも初勝利を!と願った矢先の3月25日に

ホリプロ所属のニュースが流れました。

これには全国の競馬ファンから初勝利の祝福の10倍以上の

批判がネットに書き込まれたようです。

 

ある競馬ライターによると

「圧倒的にまだ早すぎるの声が多いです。藤田菜七子ジョッキーには

純粋に女性ジョッキーとして成功して欲しいと願う競馬ファンが多く、

彼女のタレント活動をみたいというファンはほとんどいません。」

との事です。

スポンサーリンク

タレント活動ではなくマネージメント依頼

しかし本当のところでは殺到するCMや番組への出演オファーを

管理してもらうためにホリプロ所属になったとの事です。

ですがいきなり芸能事務所に所属となると

「まだJRAでは1勝も上げてないのに芸能活動か・・・」と

思われても仕方がないかもしれません。

ジョッキーとして成功できなくても、競馬タレントとして

活動できる道を作るための準備と見られてもおかしくありません。

 

現在、藤田菜七子ジョッキーのおかげか、JRAの売り上げは

伸びているようです。地方競馬に遠征しても売り上げが伸びるので

菜七子ジョッキーの影響が強いことは間違いないでしょう。

そんな全国で応援されている中での今回のニュースは

一気に菜七子フィーバーを冷めさせる結果になるかもしれません。

 

藤田菜七子ジョッキーは「いつかGⅠレースを勝ちたい」と言っています。

それは本心だと思います。

スポンサーリンク
SNS(気軽にどうぞ)
Twitterでフォローしてね

 

     パカパカ情報局!@競馬
     

Facebookで「いいね!」してね

協力サイト
人気TOP30
【競馬】パカパカ情報局

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク