スポンサーリンク
1 : 2019/07/11(木)16:24:06 ID:YBukPtbm0
アメリカのダートBCCに勝てる名馬いないしね、
"
スポンサーリンク
3 : 2019/07/11(木)16:28:13 ID:YBukPtbm0
ダート最強はアメリカ此は変わらん、その訳としてダートのBCCに海外は勝ててないからな、結局ダート世界一はアメリカで世界一の馬産国であるアメリカに値する事は無い

 

4 : 2019/07/11(木)16:33:05 ID:GjMhl/CU0
欧州で流行している血統もほぼアメリカ経由だしな…
そういう意味でも世界一かもしれない

 

6 : 2019/07/11(木)16:39:27 ID:YBukPtbm0
>>4
サンデーもここ出身で、人に例えると国内のオルフェー達もアメリカ人になるって事か、ミスワキの最高傑作アーバンシーもここ出身でボールドルーラーもここ出身、現在の世界的な名馬が殆どアメリカに帰って来る事になっているし

 

5 : 2019/07/11(木)16:33:12 ID:YBukPtbm0
ダートの世界一はアメリカだよ。ダートの本来のBCC勝ってこそダートの最強、そして世界一って事だろう。アメリカの名馬は偉大

 

10 : 2019/07/11(木)16:54:48 ID:EVIqGiFF0
エレクトロキューショニストみたいなのが本気出したらアメリカ勢はドバイでやられたし

 

12 : 2019/07/11(木)17:01:02 ID:YBukPtbm0
>>10
強かろがセイントリアムには勝てないだろう2005年世界最強のダート馬だから

 

15 : 2019/07/11(木)17:12:04 ID:a9J9Vll60
薬と早期引退で数使わないつまらない競馬になったよな

 

19 : 2019/07/11(木)17:17:52 ID:YBukPtbm0
>>15
確かにそう、アロゲートもつかった事あるのかなと疑っている

 

20 : 2019/07/11(木)17:19:58 ID:2Lud7qp10
>>19
むしろほぼ使ってない馬居ないでしょ

 

16 : 2019/07/11(木)17:12:11 ID:dFFRtLZz0
BCクラシックって一流半の欧州馬でも勝てるレースじゃん

 

17 : 2019/07/11(木)17:14:04 ID:YBukPtbm0
>>16
ダートは1回も勝てて無いような気がするけど、AW勝ってもね、ガンランナーみたいに遊びながら勝った方が強いと言える

 

18 : 2019/07/11(木)17:15:18 ID:2Lud7qp10
じゃあ欧州のトップレースを勝ったアメリカ馬はどれだけいるよ?

 

25 : 2019/07/11(木)18:04:33 ID:80Uixtvi0
>>18
アメリカ生産馬ならゴロゴロいるどころか、80~90年代の欧州の主要レースの1/3以上はアメリカ生産馬だったよ

 

21 : 2019/07/11(木)17:20:39 ID:huEBgSjQ0
数使えないのラシックスのせいもあるしな

 

24 : 2019/07/11(木)17:45:26 ID:Zr1GskLW0
ジャイアンツコーズウェイって欧州馬?
ヨーロッパで勝ちまくってBCクラシックでもあわやって感じだったから凄いよな
後サキーちゃん

 

26 : 2019/07/11(木)18:07:31 ID:dFFRtLZz0
まあそれは単に欧州の生産者が税制で有利なアメリカを利用しただけなんだがな

 

28 : 2019/07/11(木)18:41:25 ID:XvudP9dl0
>>26
税制有利なのはアイルランドだよ
60年代から90年代はアメリカの馬主が欧州で走らすケースが多かったの
ベトナム戦争後の不景気でその数が減って替わりにアラブの馬主が増えたけど
その馬主に供給してたのもアメリカの生産者が多かったの

 

27 : 2019/07/11(木)18:16:00 ID:li6AzUFl0
生産頭数が多いからね

 

30 : 2019/07/11(木)18:47:30 ID:1p1RcXs20
まあニアークティックの両親もナスルーラも欧州生産馬なんだけどな

 

31 : 2019/07/11(木)18:50:22 ID:li6AzUFl0
どっちが先かではないよ

 

35 : 2019/07/11(木)19:09:30 ID:GZz4Z8tX0
カーバインの父マスケットは元はイギリスの馬だし
どこの手柄とかいう問題でもないんじゃないか
ひと昔前の日本みたいに輸入に頼りきりで
ほぼ還元することがないようなのとはわけが違う

 

37 : 2019/07/11(木)19:13:14 ID:GZz4Z8tX0
アメリカダートのサバイバルレースみたいな展開の方が
スローの上がり勝負よりよほど面白いとは思うけど
アメリカ競馬がダート主体なこと自体は
芝じゃ本場の応酬に勝てないからダートに逃げたように思えてならない
あいつら自分たちが世界一になれるジャンルにしか興味なさそうだし

 

38 : 2019/07/11(木)19:19:59 ID:YBukPtbm0
>>37
まぁセクレタリアトは芝も勝ってるけどね。ノーザンも1回以上はクリア出来ていた記憶あるけど

 

40 : 2019/07/11(木)19:25:59 ID:VjznNsW20
2位はイギリスで3位は?

 

スポンサーリンク

42 : 2019/07/11(木)19:27:23 ID:Z0WDSLMW0
欧州の馬はアメリカダートでも勝負になるけど、
アメリカの馬は、欧州芝でぜんぜんダメだろwww
なにいってんの?

 

44 : 2019/07/11(木)19:29:55 ID:JHS48nP30
多湿多雨な日本じゃ土ダートは管理で気ないのが残念
ガラパゴス砂ダートがいちばん維持費安いのかな、オールウェザーとかに出来ないんかな

 

45 : 2019/07/11(木)19:35:02 ID:li6AzUFl0
競馬に世界基準なんかない
それぞれの国や地域の気候を反映してこその、自然を条件としてこその競馬ですよ

 

46 : 2019/07/11(木)20:31:33 ID:VqpvVwDt0
>>45
うっざ

 

47 : 2019/07/11(木)20:39:34 ID:Gr82eEmE0
北米競馬は底が浅そうで厚い!
社台が種牡馬を次々導入するのも、BT、SSと日本にフィットした種牡馬を輩出したから
北米競馬は亜流ながら主流である?欧州を食う可能性のある強力な脇役なのである

 

49 : 2019/07/11(木)21:47:43 ID:+lfJ6QRXO
トクソフィライト→マスケット→カーバイン→スペアミントの父系ラインから派生した血脈が後世に与えた影響力はあまりにも大きすぎる
ちなみに19世紀を代表する名繁殖牝馬であるクイヴァーはトクソフィライトの直仔であり、サンデーサイレンスの10代母でもある

 

50 : 2019/07/11(木)22:50:03 ID:UtDCqjwJ0
競馬世界一は余裕で日本だよ

芝もダートも一流で、売り上げもナンバーワン
零細馬主も含めてこれだけ競馬世界がきっちり出来上がってる国は他には無い

馬のレベルとかは水物、その時々で1番強い国とかは変わるわな
アルゼンチンからでもインヴァソールみたいのが出たりするんだし

 

51 : 2019/07/11(木)23:28:51 ID:YBukPtbm0
>>50
国内がダート世界最強か、ふーん、ガンランナーに挑んではいなかったが

 

53 : 2019/07/12(金)00:19:51 ID:VFMyI38E0
>>51
ちゃんと文章でレスしてくんない?
何を言いたいのかいまいちわからんw

(俺が)日本のダートが世界最強と主張してるって言いたいのかな?
そうであれば、そうじゃないよ
別に世界最強の馬がいなけりゃ一流じゃないってこともないし、その国の競馬が世界一になれないって事もないでしょう
アメリカの競馬ってのは結局は各地域の寄せ集めという形でしかないんだよね
そこが日本との1番大きな差かな

 

56 : 2019/07/12(金)08:13:51 ID:01B3omtr0
>>53
このあたりは砂ダートと土ダートを同じ扱いにするからだよなぁ
砂ダートだと最高峰、土ダートだと二流ってところか

 

52 : 2019/07/11(木)23:43:11 ID:Gr82eEmE0
北米由来の血統不詳の血を持った馬達が、欧州の名血を打ち負かしてサラブレッドと認めさせたあの歴史的事実を知らないとは言わせないよ

 

62 : 2019/07/12(金)10:50:39 ID:YrmAM1Cj0
>>52
マンノウォーにせよトウルビヨンにせよ、レキシントンよりセントサイモンの影響の方が大きいけどな

 

64 : 2019/07/12(金)12:35:05 ID:a3eDDw0L0
>>62
サラブレッドとは認められていなかった血がある意味欧州を屈服させた。
当然今の欧州馬にもその血は流れている

 

54 : 2019/07/12(金)01:47:54 ID:Vizt6uWq0
馬そのものはアメリカンが世界一なのは認める
でも調教や騎手は欧州が一番と思う

 

58 : 2019/07/12(金)09:29:17 ID:6+nCGGUt0
オールウェザーはもうアメリカではやらないのか

 

59 : 2019/07/12(金)09:34:42 ID:sK0oZaAx0
やっぱ種馬やりながら競走馬やる時代にならないと、、、
引退が早すぎてつまらない

 

61 : 2019/07/12(金)10:06:56 ID:VFMyI38E0
>>59
日本みたいなファンの売り上げがシステムを支えてる形だと真剣に考えないといけないわな
馬主側が自己利益のためだけに使い分けや早期引退させてたら、ファンが冷めて競馬界全体が根腐れを起こしていく

例えばだけど形だけでも使い分けに繋がる生産者やクラブ単位での談合をやめさせるとか、繁殖に上げる年齢を4歳なり5歳以上で線引きするとか
世界に先駆けて対策を考えなきゃならんと思うね、こればっかりは欧米追従では一気に衰退する危険性があると思う
日本のようなファンを巻き込んだ競馬システムの成功例は世界には無いからね

 

スポンサーリンク
63 : 2019/07/12(金)11:19:34 ID:+ypQANhP0
マスターフェンサーが出たレースや、ここ数年の日本で発売したレースを
見る限り、アメリカ競馬のレベルはかなり落ちているな
というか、血統レベルがガタ落ち
日本で役に立たずに返したような馬の子供が、平気で三冠で好走してる
アイルハヴアナザーも、今後は三冠常連になるだろうね
ああいうタイプが今のアメリカでは主流なんだよ

芝はもっとカスだし、今後は種牡馬の輸入も欧州中心にしたほうがよさげだな

 

70 : 2019/07/12(金)18:36:57 ID:jjTl6Xu70
>>63
アメリカンファラオの時からアクセラレートの時まで化物がいたけど、アクセラレートの相手シティオブライトも化物な訳で、パシフイッククラシック12馬身半とか簡単に出来るような事ではない

 

66 : 2019/07/12(金)17:56:25 ID:/DrMn4Oc0
ドーピング文化よりは100倍マシだろ

 

67 : 2019/07/12(金)18:03:07 ID:uQtHV1DW0
>>66
それはない

 

71 : 2019/07/12(金)18:38:10 ID:sTUH6LcZ0
60から70に比べたら大分レベルが落ちてるのは事実

 

76 : 2019/07/12(金)18:43:18 ID:jjTl6Xu70
>>71
80年代、90年代も中々な感じ

 

81 : 2019/07/12(金)18:47:33 ID:/DrMn4Oc0
品種改良(笑)

そんなものは単なる結果論であって
馬に関わる全ての人間は目先の利益が最優先だろ

 

87 : 2019/07/12(金)18:51:41 ID:a3eDDw0L0
だからその研究結果に基づいてやってるんだろ
普通に考えても至極納得のいく話だ。

 

89 : 2019/07/12(金)18:53:39 ID:a3eDDw0L0
競走馬は経済動物で。生産も競走もその経済動物としての目的に違わない
何故こんな当たり前の事が理解できんのか

 

90 : 2019/07/12(金)18:53:51 ID:ZAzYOz6l0
ドバイ・ワールドカップを去年、今年とアメリカ馬をボコって連覇したサンダースノーは
アイルランド産。ダートでアメリカがアイルランドに追い付かれた。

 

91 : 2019/07/12(金)18:55:07 ID:sTUH6LcZ0
>>90
ブラックタイアフェアーが先んじてBCクラシックを勝っている

 

93 : 2019/07/12(金)20:14:07 ID:iMryEilPO
そもそもジャージーアクト発令のきっかけとなったアメリカ馬、ダーレイの血統を検証してみると、
5代血統表内にエクリプスやPotooooooooやベニングボローなどのイギリスの大御所が入っているし、
全体配合の根幹はダイオメド(第一回英ダービー馬)のラインブリードである

つまり、ダーレイの5代血統表を構成している馬の半分近くはイギリス産の馬なのである

 

96 : 2019/07/12(金)22:31:08 ID:Ykqj5QGO0
>>93
僅かな雑種の血が混じる事を嫌って起こした事件なんだから当然だろ

 

97 : 2019/07/12(金)23:27:44 ID:iMryEilPO
>>96
> 僅かな雑種の血が混じる事を嫌って起こした事件

いや違う。それはアメリカ馬を排除する為の名目上の建前でしかない
もしもイギリスのジョッキークラブ議会が、本当にイギリスの純血を守ろうとするのが目的だったのならば
1913年で線引きするのではなく、過去に遡って全てのアメリカ由来の出所不明の血を包括するイギリス馬も閉め出すのが筋であろう

結局薬局、結論から言えばジャージーアクトというのは、ダーレイの血を包括しているアメリカ馬たちに
イギリスの大レースを勝ちまくられて焦ったイギリスのアホな重役たちが苦し紛れでその場凌ぎの
強引で理不尽な力業を一方的に施行発令したという他愛のない条例だったんだよ

 

94 : 2019/07/12(金)20:31:22 ID:iMryEilPO
ジャージー規制を一言で表すと、「理不尽」以外の何物でもない
日本で例えるならば、「2020年以降に産まれるミスプロ系の馬はサラブレッドとは認めない」
みたいな発令がいきなり出されたようなものである

つまり、来年以降に産まれるドゥラメンテ産駒はサラブレッドとは認められないのである
それでいて既に産まれている2019年産のドゥラメンテ産駒はサラブレッドとして認められるのである

こんな馬鹿げた整合性ゼロの規則が実際にイギリス議会で可決されたのである

 

95 : 2019/07/12(金)21:03:06 ID:PKocyo+h0
サンデー、ブライアンズタイムが日本の競馬を変えたのを見て思うのは、
シーキングザゴールドやリズンスターも日本に輸入出来てたら
もっと変わって面白かったと思う。

 

引用元: 結局競馬世界一はアメリカ

スポンサーリンク
協力サイト
人気TOP30

【競馬】パカパカ情報局

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク