スポンサーリンク
こちらもオススメ!



スポンサーリンク

ワクワクするような競馬グッズが勢揃いです。


週末の競馬観戦に、持って行きたい・・・アイテムをここで手に入れよう!!!
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き

番外編②JRA競走馬歴代賞金ランキング?ランキング外だけど心に残る名馬たち!

面白ければシェアお願いします!

前回まで全10回に分けてまとめて来ました

「JRA獲得賞金ランキング」ですが、

賞金の安い時代だったり、ケガで引退を余儀なくされた

名馬もたくさんいます。

今回はそんな名馬を10頭ほど選んで番外編にしてみました。

パート2の今回は残りの5頭紹介しておきます。

かなり個人的な思い込みが入っているのでご了承下さいね(^^;

またJRAがグレード制を導入した1984年以前の馬については

現在のGⅠに置き換えていますのでご了承ください。

例外的に高松宮記念は時期も距離も変わったので省きますね。

番外編①はこちらをご覧ください。

JRA競走馬歴代賞金ランキング?番外編①!ランキング外だけど心に残る名馬たち!

サイレンススズカ2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

獲得賞金:4億5598万4千円

通算成績:9-1-0-5

現役年代:1997年-1998年

GⅠ勝利

1998年:宝塚記念

1998年に本格化して以来、5連勝目を宝塚記念、

6連勝目を毎日王冠で飾り、重賞5連勝しました。

GⅡの金鯱賞で大差勝ちや毎日王冠では

それまで無敗だったグラスワンダー、エルコンドルパサーに

快勝するなどの活躍を見せていました。

単勝1.2倍と圧倒的1番人気に支持された

1998年の天皇賞(秋)で故障を発生し、

そのまま予後不良となってしまいました。

1998年にJRA特別賞を受賞しています。

個人的にこの馬の雰囲気は異様な感じだったと思います。

エルコンドルパサー(牡)

獲得賞金:3億7607万8千円

通算成績:6-1-0-0

現役年代:1997年-1999年

GⅠ勝利

1998年:NHKマイルC、ジャパンC

1999年:サンクルー大賞(仏)

圧倒的な強さで、日本で負けたのは

毎日王冠のサイレンススズカだけです。

1998年のジャパンCを勝った後はフランスに渡り

GⅠで1勝2着2回しています。

凱旋門賞で2着になった初めての日本調教馬です。

3歳初のジャパンC制覇と凱旋門賞2着の実績が評価され

平成26年にJRA顕彰馬に選出されています。

アグネスタキオン(牡)

獲得賞金:2億2208万2千円

通算成績:4-0-0-0

現役年代:2000年-2001年

GⅠ勝利

2001年:皐月賞

デビュー3戦目で弥生賞を、4戦目で皐月賞を無敗で制しました。

しかしその後屈腱炎を発覚してしまい、

しばらく放牧されていましたが、引退が決まりました。

フジキセキと同じく「幻の3冠馬」と呼ばれている馬です。

種牡馬としてもダイワスカーレットやディープスカイなどの

GⅠを産出しており、活躍を続けています。

スポンサーリンク

スティルインラブ(牝)

獲得賞金:4億3777万8千円

通算成績:5-2-1-8

現役年代:2002年-2005年

GⅠ勝利

2003年:桜花賞、オークス、秋華賞

1986年のメジロラモーヌ以来となる2頭目の牝馬3冠馬です。

しかし秋華賞を勝って以降はエリザベス女王杯の2着が最高成績でした。

完全な早熟馬だったような気がします。

ですが偉大な成績を残しておりますので

能力は相当高かったと思います。

キングカメハメハ(牡)

獲得賞金:4億2973万3千円

通算成績:7-0-1-0

現役年代:2003年-2004年

GⅠ勝利

2004年:NHKマイルC、ダービー

京成杯での3着があるだけで、その他のレースはすべて勝利しています。

NHKマイル、ダービーと変則2冠馬でもあります。

現在は種牡馬として大活躍しており、

ラブリーデイ、ドゥラメンテ、アパパネ、ロードカナロアなどの

活躍馬を多く輩出しています。

まだ15歳ということなのでこれからの産駒も期待できますね。